インプラント治療はまるで自分の歯のよう|長期間使える義歯

笑顔の女性

歯磨きをする

医療器具

歯磨き粉とは、歯磨きをする際に歯ブラシにつけて使うものである。むかしは粉でできていためにそう呼ばれていたが、現在はペースト状のものがほとんどで非常に便利に利用でき、思考の除去率も高くなった。

口臭対策は歯科でしよう

先生

口臭は多くの方の悩みとなっている。直後に食べたもので臭いの強いものは口臭として表れやすいのでその対策なども必要になってくる、しかし、あまりにも酷い口臭の場合は口腔内の問題である場合もあるので歯科などで診てもらうべきだ。

インプラント治療をする

白い歯

医療の世界には、「移植片」あるいは「移植物」を使った治療ということがあります。病気や怪我で不具合があるところに、それを改善するための人口器具を入れて治療するというものです。この移植される器具は「インプラント」という名を持っていますが、現在では歯科の分野で使われるものが最も有名です。歯科のインプラントは、歯というものを審美的観点から見た時の「治療」に用いられています。インプラントは、チタン製の丈夫な造りで、形状で多いのはネジ状のもの。歯と同じ太さの器具です。インプラントが埋め込まれるのは、口腔の中。特に歯茎です。歯茎に埋め込まれ、病気や怪我によって失われた機能を取り戻す働きをします。具体的には、虫歯や歯周病で削り取ったり、外からの衝撃で折れてしまった歯を補う義歯の一部として使われるのです。ネジのようにしっかり歯茎に食い込み、人体に優しいチタンは金属アレルギーを起こしにくくします。インプラントは、欠けた歯を補うための義歯のうち、歯茎に隠れている「歯根」の部分を担当する部品です。歯には、ふだんは歯茎に隠れている「歯根」という部分があります。顎の骨とくっついており、噛み合わせを支えている部分です。インプラントはその部分を担当する、義歯の部品のひとつ。その先には特殊な薬品が塗りこまれてあり、歯茎に埋め込まれるとその先が顎の骨とくっつくようになっています。顎の骨に同化するための薬品が使われているのです。インプラントは、歯を補う治療ばかりでなく、歯並びを矯正するためにも使われる金属製の移植物です。インプラントを利用した歯列矯正というものがあります。従来の歯列矯正、特に代表的なワイヤー矯正は、歯並び全体を立て直すには有利でしたがひとつひとつの歯並びを素早く矯正させるのには不向きでした。全体をガッシリと掴むタイプの矯正方法だったからです。ただ、インプラントは違います。歯茎の一点に打ち込み、そこから細いゴムで結びつけた歯を、ピンポイントに位置矯正することが可能なのです。インプラント治療は、義歯治療の中では最も有効なものであると言われています。その強靱性が理由です。インプラントという器具の強みは、「歯根」という部分に注目したこと。目に見える部分の歯も、それを支える根の部分がなければ、強い噛み合わせを再現することは出来ない。そこで使われるようになったこの器具は、見事に義歯を支えることに成功したのでした。

歯並びの矯正をする

男性

歯並びが悪いと虫歯になりやすいという欠点があります。なぜ虫歯になりやすいかというと、歯並びが悪いことにより隙間は増えて、そこに歯垢が溜まりやすくなるからです。そのため早めに矯正治療を行なわなければならないのです。